QAQQARのブログ

メインは食品関係です。 これ地味にいいんじゃないかと思った商品の紹介や、自分がふと気になった食品絡みの話などを中心に書いています。

食品添加物「キャリーオーバー」表示の判断例

食品添加物は、使用したもの全てを表記することが原則ですが、添加物の表示が省略出来る例外ケースが規定されています。


・栄養強化の目的で使用されるもの(特別用途食品及び機能性表示食品を除く。)
・加工助剤(ex.豆腐の消泡剤)
・キャリーオーバー

 

今回はその中でも「キャリーオーバー」の規定に関する話です。

 

「キャリーオーバー」とは?

(1)食品の原材料の製造又は加工の過程において使用され、
(2)当該食品の製造又は加工の過程において使用されず、
(3)当該食品中には、当該添加物が効果を発揮することができる量より少ない量しか含まれていないもの

 が「キャリーオーバー」に該当し、添加物の表記が免除されます。

 

例えば、

 

原材料名/小麦粉、砂糖、マーガリン、卵、食塩

というクッキーがあった場合、

 

(1)原材料の「マーガリン」を製造する際に使用された添加物(ex.乳化剤等)は、
(2)クッキーの製造自体には使用されておらず、かつ
(3)最終製品のクッキー自体には効果を及ぼさない

 

ため、キャリーオーバーに該当し添加物としての表記が不要になる、といった感じです。

 

すなわちキャリーオーバーに該当し、添加物の表記が必要か否かの判断は、上記(3)の最終製品にも影響を及ぼすかがポイントとなります。(量的な基準は特段定められていないようです。)

 

判断例

<例1>(⇒必要)
着色料(クチナシ)を含むメロンソースを使用したメロンアイス
→メロンアイスを使用したことによりメロンアイスに色が付く
=着色料が最終製品(メロンアイス)に影響を及ぼす
⇒キャリーオーバーに該当せず、添加物の表記が必要

 

<例2>(⇒不要)
保存料(安息香酸Na)を含むしょうゆで味付けをした煎餅
→保存料によってしょうゆは腐らなくても、煎餅そのものは腐る
=保存料は最終製品(煎餅)に影響を及ぼさない
⇒キャリーオーバーに該当し、添加物の表記は不要

 

<例3>(⇒必要)
発色剤(亜硝酸Na)を使用したハムを入れたポテトサラダ
→ハムはまだ原型を留めており、その色がポテトサラダにも現れる
=発色剤の効果が最終製品(ポテトサラダ)にも影響を及ぼす
⇒キャリーオーバーに該当せず、添加物の表記が必要

 

 

-----------------------↓参考URL↓

東京都保健福祉局「食品衛生の窓」

加工食品(添加物)|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

 

-----------------------↓参考書籍↓

一般社団法人食品表示検定協会, 「[改訂5版]食品表示検定認定テキスト・中級」, ダイヤモンド社, 2017

https://www.amazon.co.jp/改訂5版-食品表示検定認定テキスト・中級-一般社団法人食品表示検定協会/dp/4478090513

 

 

*もし記載内容に誤り等発見されましたら、お知らせ頂けますと幸いです。*

 

ルルー(LEROUX)「インスタントチコリ」

最近ではカフェインフリーの飲料が以前より多く売られるようになってきました。

 

チコリを利用したペットボトルやチルドの商品は(執筆現在では)まだ見かけたことが無いですが、自分で溶かして作る商品であれば一部店舗で販売されています。

 

ルルー(LEROUX)「インスタントチコリ」

 f:id:QAQQAR:20171119162802p:image f:id:QAQQAR:20171119162844p:imagef:id:QAQQAR:20171119164748p:image

ルルーチコリ | 輸入食料品 | 日本珈琲貿易株式会社

 


<内容量>100g
<原材料名>チコリの根
<栄養成分表>(100g当たり)
エネルギー:318kcal
たんぱく質:3.7g
脂質:1.0g
炭水化物:57.0g
糖質:25.8g
食物繊維:31.2g
食塩相当量:0.4g
(カフェイン:0g) 

 

余計なものが含まれておらず、カフェインフリーで食物繊維が豊富なのが特徴です。夜分にコーヒー代わりに何か飲みたいとき等は良いかもしれません。糖質が含まれていますが、決して甘いわけではないです。(ほのかな甘さは感じられるかもです。)

 

チコリはハーブの一種で、肝機能向上やデトックス効果等が期待出来るそうです。

最近はデカフェ商品も様々な選択肢がありますが、こちらもちょっぴり健康志向なコーヒーの代替品として、活用出来るのではないかと思います。

※妊娠中や授乳期の方、キク科アレルギーの方等は気を付ける必要があるとのことです。

チコリの効能等の詳細は、下記等が参考になると思います。(検索すると他にも色々出てきます。)
チコリ | 成分情報 | わかさの秘密

 

実店舗ではKALDI成城石井で見かけたことがあります。店舗により異なるかもしれませんが、KALDIの方が成城石井より若干安かった気がします。いずれにせよ500円~550円くらいで、比較的リーズナブルです。

 

ネットでは、Amazon楽天等でも購入できるようです。種類は多くないですが、他メーカーさんでもチコリコーヒーの商品を生産しているみたいです。

 

豆腐・消泡剤使用の表記

<豆腐・消泡剤使用の表記>

巷では多種多様な豆腐が販売されていますが、商品によって製造工程で消泡剤を使用しているものと不使用のものがあり、原材料名欄への記載の有無もまちまちです。

(例)

原材料名:大豆(遺伝子組み換えでない)/凝固剤、消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)

 

同じ位の値段・量で消泡剤の表記がある商品と無い商品が並んでいると、表記の無い方の商品を選んでしまいがちではありますが、実際に消泡剤が使用されているか否かは、原材料名欄の記載有無のみでは判断しきれません。

 

そもそも消泡剤とは?

砕いた大豆を加熱する際に泡が生じます。これにより豆腐の製造効率が悪くなり、また見た目や風味が損なわれてしまう原因にもなります。

その際に使用される添加物が消泡剤です。いくつか種類がありますが、一番見かけるのが「グリセリン脂肪酸エステル」という添加物ではないかと思います。

 

ただし、豆腐の製造において消泡剤は必須という訳では必ずしもありません。消泡剤を使用している=悪いということでは決して無いと思いますが、出来れば消泡剤無添加の商品を購入したいというのが消費者の心情です。

 

添加物の表示が省略出来るケース

豆腐に使用される消泡剤は、食品表示上は添加物に分類されます。

原則として使用された添加物はすべて表記することが求められますが、添加物の表示が省略出来る例外ケースが規定されています。

①栄養強化の目的で使用されるもの
→栄養強化の目的で使用されるビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類については、表示を省略できます。

②加工助剤
1.当該食品の完成前に除去されるもの
(例)油脂製造時の抽出溶剤であるヘキサン
2.当該食品の原材料に起因してその食品中に通常含まれる成分と同じ成分に変えられ、かつ、その成分の量を明らかに増加させるものではないもの
(例)ビールの原料水の水質を調整するための炭酸マグネシウム
3.当該食品中に含まれる量が少なく、かつ、その成分による影響を当該食品に及ぼさないもの
(例)豆腐の製造工程中において、大豆汁の消泡の目的で添加するシリコーン樹脂

③キャリーオーバー

食品の原材料に使用された添加物について、次のすべての条件に当てはまる場合は「キャリーオーバー」となり、表示が免除されます。
1.食品の原材料の製造又は加工の過程において使用されるもの
2.当該食品の製造又は加工の過程において使用されないもの
3.当該食品中には、当該添加物が効果を発揮することができる量より少ない量しか含まれていないもの

 

消泡剤は②(の3.)のケースに該当するため、表示基準上では表記不要とされています。

 

ある意味、原材料名欄に消泡剤の記載がある商品は、表示の義務が無いにも関わらずむしろ丁寧に開示していると捉えることも出来ると思います。

自分も原材料欄に消泡剤が明記されていない商品を手に取る傾向が正直ありますが、その行為がむしろ「正直者がばかを見る」状況を助長しているような気がしなくもないな、と思うこともあります・・・。

 

ちなみに、消泡剤を使用していない商品を選ぼうとする場合は、「消泡剤不使用」の旨が別記されている商品を選択することが確実です。

 

↓例えばこんな感じで明記されている商品↓

f:id:QAQQAR:20181114144942j:plain

 

また、工場生産なら消泡剤を使用している、個人の豆腐屋さんなら消泡剤不使用という訳でもないようです。

 

以前住んでいた近所の豆腐屋さんは消泡剤を使用していました(逆に言うときちんと明示してくれていたという事ですね。)し、上記写真のメーカーさんは消泡剤不使用とのことです。

太子食品工業株式会社|消泡剤・乳化にがり不使用|豆腐、納豆、油あげはタイシ

 

↓参考URL↓

東京都保健福祉局「食品衛生の窓」

加工食品(添加物)|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

 

太子食品工業株式会社

太子食品工業株式会社|おいしさのふるさとは自然です。|豆腐、納豆、油あげはタイシ

(豆腐の製造工程の説明も分かりやすいし、品質へのこだわりも垣間見えて好印象でした。ありがとうございました。工場見学も行ってみたいです。)

 

原材料名欄の「/(スラッシュ)」(ざっくり説明)

知らない間に、原材料名欄の途中に「/」(スラッシュ)が入っている商品がかなり増えて来たことに気が付きました。 

 

例:ブランパン
上は2017年11月リニューアル時、下は2018年11月リニューアル時です。

f:id:QAQQAR:20171119162547j:plain

f:id:QAQQAR:20181112213552j:image

↓2018年11月版の原材料名欄は下記の通り。↓

原材料名/ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、オーツファイバー、イヌリン、オーツブラン、小麦ふすま、米ぬか、シトラスファイバー、エリスリトール、殺菌乳酸菌パウダー)、植物油脂、卵、豆乳、蜂蜜、パン酵母ぶどう糖、小麦粉、発酵風味料、食塩、乳等を主要原料とする食品加工デンプン、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、メタリン酸Na、(原材料の一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、大豆を含む)

 

写真では非常に見ずらく恐縮ですが、この超地味な違いがお分かり頂けますでしょうか。

2018年11月版では「加工デンプン」の前に「/」が入っていますが、2017年11月版にはその「/」がどこにも見当たりません。知らぬ間にしれっと追記されていたことが分かります。

 

原材料名欄の「/(スラッシュ)」の意味は?

これは原材料と添加物の境目を意味しています。

2015年4月1日より新しい食品表示基準が施行されており、その改正内容に原材料と添加物を明確に区分することが含まれています。

区分する方法としては主に下記3種類の方法があります。
※ブランパンの原材料名をベースに作成しました。アレルギー表示(原材料名に・・・を含む)は簡略化のため割愛しています。

①原材料と添加物を記号で区分して表示(上記ブランパンはこれに該当)

原材料名 ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、オーツファイバー、イヌリン、オーツブラン、小麦ふすま、米ぬか、シトラスファイバー、エリスリトール、殺菌乳酸菌パウダー)、植物油脂、卵、豆乳、蜂蜜、パン酵母ぶどう糖、小麦粉、発酵風味料、食塩、乳等を主要原料とする食品加工デンプン、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、メタリン酸Na

②原材料と添加物を改行して表示

原材料名 ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、オーツファイバー、イヌリン、オーツブラン、小麦ふすま、米ぬか、シトラスファイバー、エリスリトール、殺菌乳酸菌パウダー)、植物油脂、卵、豆乳、蜂蜜、パン酵母ぶどう糖、小麦粉、発酵風味料、食塩、乳等を主要原料とする食品
加工デンプン、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、メタリン酸Na

 
 

  

  
←改行

 

③原材料と添加物を別欄に表示

原材料名 ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、オーツファイバー、イヌリン、オーツブラン、小麦ふすま、米ぬか、シトラスファイバー、エリスリトール、殺菌乳酸菌パウダー)、植物油脂、卵、豆乳、蜂蜜、パン酵母ぶどう糖、小麦粉、発酵風味料、食塩、乳等を主要原料とする食品

  

  

  

  

←別欄

加工デンプン、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、メタリン酸Na


ただ、①の「/」を用いた区切りが一般的なようで、②③の方法は今まで見かけた記憶がありません。

 

区切られている商品と、区切られていない商品が混在している?

本記事執筆時点(2018年11月)現在は、商品によって原材料と添加物が区切って表示されているものと、表示されていないものが混在しています。

これは食品表示基準適用に経過措置期間が設けられているためです。

経過措置期間は2020年3月31日までです。既に対応済みの商品が多いと思いますが、「/」が入っているか、身近な食品をいくつか眺めてみるのも面白いかもしれません。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

-----------------------↓以下参考URL↓-----------------------

消費者庁ホームページ(パンフレットが分かりやすいです。)

パンフレット|消費者庁

具体的には「知っておきたい食品の表示」(平成30年10月版・消費者向け)P6、「早わかり食品表示ガイド」(平成30年10月版・事業者向け)P40等を参考にしております。

 

 

「乳等を主要原料とする食品」とは?(ざっくり)

食品の原材料名欄に「乳等を主要原料とする食品」と記載があるのを度々目にします。

非常にざっくりした表現ですが、「乳等を主要原料とする食品」とは何なのかを簡潔にまとめてみました。

 

※今回は、中沢乳業さんのHP上の説明・実際の商品をベースに記載しております。

 ↓下記URL↓

 クリームについて | 製品紹介 - NAKAZAWA 中沢グループ 「生クリームの美味しさをゆっくり、しっかり」

 

「乳等を主要原料とする食品」とは?(ざっくり)

簡単にいうと、乳脂肪のうち乳脂肪以外の成分が含まれる食品、ということになります。
大きく分けて、
①乳脂肪のみ+添加物を使用
②乳脂肪+植物性脂肪(+添加物)を使用
③植物性脂肪のみ(+添加物)を使用
の3種類が存在します。

 

 

パターン 表示
乳脂肪のみ(脂肪分18%以上) ⇒「クリーム」※
①乳脂肪+添加物 ⇒「乳等を主要成分とする食品」
②乳脂肪+植物性油脂(+添加物)
③植物性油脂のみ(+添加物)

※クリームは乳等省令にて「生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したもの」「脂肪分18%以上」と定義されています。

 

<具体例>(例えばこんな商品が使用されているはず)

①乳脂肪のみ+添加物を使用

成分 乳脂肪分:40.0% ←乳脂肪分のみ
無脂乳固形分:5.0%  
添加物 安定剤(増粘多糖類)、(一部に乳成分を含む)  

↓下記商品を参考にしました↓

ナイスホイップV - 製品紹介 - NAKAZAWA 中沢グループ 「生クリームの美味しさをゆっくり、しっかり」

 

②乳脂肪+植物性脂肪(+添加物)を使用

成分 乳脂肪分:18.0%  
植物性脂肪分:27.0% ←植物性脂肪分も含む
無脂乳固形分:4.0%  
添加物 乳化剤、メタリン酸Na、
(一部に乳成分・大豆を含む)
 

↓下記商品を参考にしました↓

ナイスホイップG - 製品紹介 - NAKAZAWA 中沢グループ 「生クリームの美味しさをゆっくり、しっかり」



③植物性脂肪のみ(+添加物)を使用

成分 植物性脂肪分 40.0% ←植物性脂肪分のみ
無脂乳固形分 5.0%  
添加物 乳化剤、メタリン酸Na、安定剤(増粘多糖類)、
(一部に乳成分・大豆を含む)
 

↓下記商品を参考にしました↓

ブレンドアップ - 製品紹介 - NAKAZAWA 中沢グループ 「生クリームの美味しさをゆっくり、しっかり」

 

原材料名欄に「乳等を主要原料とする食品」と記載があった場合、上記3パターンのような商品が使用されていると考えられます。その具体的な成分内訳は、各メーカーに問い合わせなければ不明だと思われます・・。

中沢乳業さんのHPは、一般消費者にも分かりやすい説明がされていて、とても好感が持てました。中沢乳業さん、ありがとうございました!

 

また、下記タカナシ乳業さんのHP説明も参考になりました。このような一般消費者への開示をきちんとしている企業を応援していきたいですね。

牛乳・乳製品の知識 | タカナシ乳業株式会社

クリームサイエンス │ タカナシ クリーム・コンシェルジュ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

↓以下参考↓

<関係法令等>

・乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(通称:乳等省令)

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=326M50000100052

 

ローソン「ブランパン」(2018/11/6リニューアル)

ローソン「ブランパン」(2018/11/6リニューアル)

ブランパン 2個入|ローソン

 

f:id:QAQQAR:20181109182758j:plain

2018/11/6にリニューアルが行われていたため、約1年ぶりのリニューアルでしょうか。
(もし気付いて無かっただけであればすみません)

 

※以下、色付きはリニューアル前からの変更点です。
赤:追加
オレンジ:割合(記載順)変更

f:id:QAQQAR:20181109182819j:plain

<原材料名>ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、オーツファイバー、イヌリンオーツブラン小麦ふすま米ぬかシトラスファイバー、エリスリトール、殺菌乳酸菌パウダー)、植物油脂、卵、豆乳蜂蜜パン酵母ぶどう糖、小麦粉、発酵風味料、食塩、乳等を主要原料とする食品/加工デンプン、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、メタリン酸Na、(原材料の一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、大豆を含む)

<内容量>2個

 

 f:id:QAQQAR:20181109182822j:plain

<栄養成分表示>※1個当たり
エネルギー 65kcal (-5kcal)
たんぱく質:5.1g(-0.1g)
脂質:2.7g(-0.1g)
 飽和脂肪酸:1.0g(±0g)
 トランス脂肪酸:0g
 コレステロール:6mg(-1mg)
炭水化物:7.8g(-0.1g)
 糖質:2.2g(±0g) 
 食物繊維:5.6g(-0.1g)
食塩相当量:0.2g

 
⇒何が変わったのか??
→値下がりしました!!(リニューアル前は125円。)
ちなみに4個入りは238円から230円に値下がりしている模様です。

 

⇒その分サイズダウンしているのか?
見た目でも若干小さくなったような感覚がありました。
栄養成分表示上でも、エネルギー:-5kcal、たんぱく質:-0.1g、脂質:-0.1g、炭水化物:-0.1gとなっています。

実際にカロリーベースで単価を比較すると、
リニューアル前:125円÷(70kcal×2個)=@0.892...
(リニューアル後:120円÷(65kcal×2個)=@0.923...)

→リニューアル前をリニューアル後のカロリーに換算すると、
@0.892...×65kcal×2個≒116円
すなわち、リニューアル後のカロリーベースでは4円ほど値上がりしていることになりますね。

 

また、原材料名欄から「牛乳」の表記が消えています。
(但し「乳等を主要原料とする食品」の記載はあります。
それにしても「乳等を主要原料とする食品」って表現がふわっとしていますね…)

 

※2018/11/11追記※「乳等を主要原料とする食品」についてもざっくり調べてみました↓

qaqqar.hatenablog.com

 

 

------------------↓以下参考↓------------------

↓過去のブランパンリニューアル時の記事はこちらです↓

qaqqar.hatenablog.com

----------------------------------------------

 

 

 

 

ブランパンがリニューアルされているのに気づくと同時に、このブログの存在を思い出しました(笑)
久しく更新していませんでしたが、これをきっかけに再開しようと思います。
大変しょぼいブログではありますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

ローソン「ブランパン」(2017/11/7リニューアル)

ローソン「ブランパン」(2017/11/7リニューアル)

ローソンのブランシリーズは累計販売数1億5千万個突破!ブランパンがさらに美味しくリニューアル!|ローソン研究所

 

※シールを雑にはがした後の写真ですみません・・・。

f:id:QAQQAR:20171119162517j:image

f:id:QAQQAR:20171119162547j:image

<内容量>2個

<原材料名>ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、オーツファイバー、オーツブラン、米ぬか、イヌリン、シトラスファイバー、エリスリトール、殺菌乳酸菌パウダー)、牛乳植物油脂、卵、パン酵母、調整豆乳、蜂蜜、ぶどう糖、小麦粉、発酵風味料、食塩、加工デンプン、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、メタリン酸Na、香料、(原材料の一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、大豆を含む)

<栄養成分表示>※1個当り

エネルギー 70kcal (+4kcal)
たんぱく質:6.2g(-0.1g)
脂質:2.8g(+0.5g)
糖質:2.2g(±0g) 
食物繊維:5.5g(-0.2g)
ナトリウム:100mg(+14mg)

ショ糖:0g
飽和脂肪酸:1.0g
トランス脂肪酸:0g
コレステロール:5mg

 

※色付きはリニューアル前からの変更点です。

赤:追加

オレンジ:割合(記載順)変更・増減

ちなみに、リニューアル前のブランパン情報は下記の通りです。

<内容量>2個
<原材料名>ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、米ぬか、イヌリン、オーツファイバー、オーツブラン、シトラスファイバー、エリスリトール、殺菌乳酸菌パウダー)、卵、植物油脂、パン酵母、調整豆乳、蜂蜜、ぶどう糖、小麦粉、発酵風味料、食塩、乳等を主要原料とする食品、加工デンプン、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、メタリン酸Na、香料、(原材料の一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、大豆を含む)

<栄養成分表>※1個あたり

エネルギー 66kcal

たんぱく質:6.3g

脂質:2.3g

糖質:2.2g

食物繊維:5.7g

ナトリウム:86mg


一番大きな変更点は、やはり「牛乳使用」となったことでしょうか。また、ローソンHPにも記載がありますが、ミックス粉の配合が一部変更されているようです。どちらかというと風味向上目的のリニューアルであるように見受けられます。

 

ちなみに同時に「ブランパン(チーズ)」が新発売されていたので、
ご参考までに併せて紹介させて頂きます。

 f:id:QAQQAR:20171119162637j:image

f:id:QAQQAR:20171119162648j:image

 <内容量>2個

<原材料名>ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、オーツファイバー、オーツブラン、米ぬか、イヌリン、シトラスファイバー、エリスリトール、殺菌乳酸菌パウダー)、プロセスチーズ、牛乳、植物油脂、卵、パン酵母、小麦粉、蜂蜜、ぶどう糖、発酵風味料、食塩、加工デンプン、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、乳化剤、香料、カロテノイド色素、メタリン酸Na(原材料の一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、大豆を含む)

<栄養成分表示>※1個当り

エネルギー 74kcal

たんぱく質:6.3g

脂質:3.5g

糖質:2.0g

食物繊維:4.7g

ナトリウム:140mg

 ショ糖:0g

 

↓<参考>以前のリニューアル時等の記事はこちら↓ qaqqar.hatenablog.com

qaqqar.hatenablog.com

qaqqar.hatenablog.com