Food for Well-being

メインは食品関係です。 これ地味にいいんじゃないかと思った商品の紹介や、自分がふと気になった食品絡みの話などを中心に書いています。(旧:QAQQARのブログ)

ココウェル「ココナッツファイバー」

ココウェル「ココナッツファイバー」

f:id:QAQQAR:20181226185030j:plain f:id:QAQQAR:20181226185104j:plain

 <名称>ココナッツファイバー
<原材料名>ココナッツの果肉
<内容量>250g
<栄養成分表>(100g当たり)
エネルギー:346kcal
たんぱく質:15g
脂質:13g
炭水化物:63g
 糖質:23g
 食物繊維:40g
食塩相当量:0.1g

 

ココナッツ関連商品はココナッツオイル、ココナッツミルク、ココナッツシュガー等多岐に渡り、多くのメーカーから様々な商品が発売されています。
ただ「ココナッツファイバー」という名前の商品は、自分はこれしか見かけたことがありません。

本ブログ執筆現在(2018年末)で「ココナッツファイバー」と検索しても、この商品以外にヒットするものは繊維素材ばかりで、そもそも食品ですらありませんでした(笑)

 

この商品の存在を知ったのは数年前なのですが、栄養成分表を初めて見たときはとても驚きました。

f:id:QAQQAR:20181226192222j:plain

100g当たりの食物繊維量が40gです。そして原材料は「ココナッツの果肉」のみで、別途食物繊維を添加している訳ではないようです。
そして、ココナッツ商品は脂質が多いイメージですが、こちらの商品は脂質が少な目であることも特徴的です。(脂質が良い悪いと言うことではないです)

 

ココウェルさんのHPによると、「ココナッツファイバー」とはココナッツの果肉からココナッツミルク・オイルを絞り取った残りを粉末にしたものだそうです。

ココナッツファイバー豆知識

(ココウェルHPより引用:ココナッツ専門店のココナッツ食物繊維 | (公式)ココウェル

 

日本食品標準成分表2015年版(七訂)」によると、ココナッツパウダー(果肉を粉末にしたもの)の栄養成分は、

エネルギー:668kcal
たんぱく質:6.1g
脂質:65.8g
炭水化物:23.7g
 食物繊維総量:14.1g

となっており、元の果肉に食物繊維が14.1g含まれていることが分かります。
確かにそう言われると、この果肉からココナッツミルクとオイルを絞り取った後、相当量の食物繊維が残ることにも合点がいきます。

 

味はココナッツの風味が残っており、ココナッツの味自体が苦手でなければ普通に美味しく頂けると思います。 
ヨーグルト等にかけたり、お菓子などの材料として使用するなど色々用途がありそうですが、そのまま水(+お好みで甘味)と混ぜてペースト状にして食べても美味しいです。ちなみにものすごく水を吸います!

 

実店舗での取り扱いはあまり多くありませんが、ココウェルさんのHPで確認することが出来ます。※店舗により取り扱い商品が異なるようです。
お取り扱い店舗|ココウェル-ココナッツ製品・ココナッツオイル専門店-

また、時折百貨店やイベント等で特設ブースが出ているため、そこで商品を購入することも可能です。(時間とタイミングが合えばですが)
HPトップの「最新ニュース」欄に月毎にイベント情報が掲載されているため、あらかじめ狙いを定めることも可能です。
ココナッツ製品・ココナッツオイルの専門店|ココウェル【公式】

 

もちろんオンラインでも購入が可能です。商品単体だと送料分だけ高くなってしまいますが、一定金額以上で送料無料になる場合もあるようです。

ココナッツ専門店のココナッツ食物繊維 | (公式)ココウェル 

 

価格は250gで税込1,029円(店頭料金・2018年12月現在)です。
お手頃という程の値段ではありませんが、ココナッツの風味がありながら低脂質、高食物繊維という非常に面白い商品だと思います。

ココウェルさんはココナッツ専門店ということもあり、他にもこだわった商品を多く取り扱っています。そちらももしご興味があれば!