Food for Well-being

メインは食品関係です。 これ地味にいいんじゃないかと思った商品の紹介や、自分がふと気になった食品絡みの話などを中心に書いています。(旧:QAQQARのブログ)

森永乳業「森永とうふ」(常温保存・長期保存可能!)

2019年1月22日に、国内初の常温保存可能な豆腐が発売されました。
それが森永乳業の宅配豆腐シリーズです。「絹ごし豆腐」「お料理向きとうふ」の2種類があります。

 

商品概要

f:id:QAQQAR:20190202114525j:plain f:id:QAQQAR:20190202114600j:plain

【共通事項】
<名称>充てん豆腐
<原材料名>丸大豆(アメリカ、カナダ)(遺伝子組換えでない)/凝固剤
<保存方法>常温を超えない温度で保存してください。
<値段>1ケース(12丁入り)1,740円(税別)

【絹ごしとうふ】
<内容量>290g
<栄養成分表示>(100g当たり)
エネルギー:68kcal
たんぱく質:5.7g
脂質:3.9g
炭水化物:2.6g
食塩相当量:0.1g

【お料理向きとうふ】
<内容量>297g
<栄養成分表示>(100g当たり)
エネルギー:62kcal
たんぱく質:6.2g
脂質:3.1g
炭水化物:2.4g
食塩相当量:0.2g

 何といっても保存方法の表示が目を引きますね。豆腐にも関わらず「要冷蔵」ではありません。これが日本初です。

森永乳業では以前から宅配で長期保存可能な豆腐を販売していました。今回の常温保存可能豆腐は、従来商品のリニューアル版として発売されています。長期保存はリニューアル前から可能でしたが、保存方法は「10℃以下で冷蔵」となっていました。↓参考:リニューアル前のパッケージ↓
f:id:QAQQAR:20190202105346j:plainf:id:QAQQAR:20190202105310j:plain

 

値段は両者12ケースで税抜1,740円なので、1丁当たり税抜145円です。スーパーに並んでいる豆腐もピンからキリまでありますが、それと比べてもそんなに高いという訳ではありません。それでいて常温保存・長期保存可能とあればむしろリーズナブルな印象も受けます。

「お料理向き」の方が「絹こし」よりも地味に7gだけ多く、若干高たんぱく・低脂質です。ちなみにお料理向きとはいっても木綿豆腐のようなものではなく、しっかりとした絹豆腐、みたいな感じです。

賞味期限

なお賞味期限は両者とも、製造から6.4か月(195日)です。自分の場合は1月30日に商品を受け取りましたが、賞味期限は以下のようになっていました。

f:id:QAQQAR:20190131204146j:plain

今回の私の場合は、到着から賞味期限まで5.2~3日、といった所でしょうか。
いつ製造された商品が到着するかは分からない点はちょっと注意ですね。(販売店に事前に問合わせれば教えてくれるかも知れません。)

 

開け方

f:id:QAQQAR:20190131204610j:plain

紙パック入りの豆腐を開封した経験がある方はあまり多くないと思われますが、上記写真の手順通りに開けると、問題無く綺麗に取り出すことが出来ます。

f:id:QAQQAR:20190131204839j:plain

...私はやたら不器用な事に加え、2種類の豆腐を狭い容器に並べようとしたばかりに事故ってしまいましたが、普通に開ければ問題ないはずです(笑)
ちなみに左が「絹こしとうふ」、右が「お料理向きとうふ」です。(お皿のスペース上、縦向きに並べています。)
見た目では殆ど差がありませんが、やはり「絹ごし」の方が柔らかめではあります。取り出す際に折れてしまわないように念のため注意です。

両者を食べ比べてみましたが、「絹こしとうふ」の方が濃厚です。「お料理向きとうふ」はそのまま食べるにはやや淡白というか、さっぱりした印象です。用途に応じて使い分ければ良いと思います。
大豆は外国産で、製造者が乳業メーカーとは言えど侮るなかれです。常温保存・長期保存可能というアドバンテージが無くても十分に戦えるレベルであると感じました。(※あくまで一個人の主観です。)

 注文方法

こちらの商品は宅配専用商品のため、スーパー等の小売店では購入出来ません。
森永乳業のホームページor電話により申し込みが必要です。

森永乳業 宅配ミルク|無料サンプル・商品のお申し込み

その後、自宅の最寄りの販売店から折り返しの連絡があります。どうやら森永乳業の本部で受付後、最寄りの販売店にFAXを流すオペレーションになっているようです。

私は1月22日に注文し、30日に商品を受け取りました。1週間以上掛かりましたが、決して品薄だったという訳ではなく、単に私の申し込みが本部から販売店に伝達されていなかったようです。(1週間経っても音沙汰が無かったのでこちらから問い合わせました。)今後の再発防止に期待しています...。

とうふ1種類ごとに1ケース(12丁)単位で販売されていますが、販売店によっては種類の内訳について、柔軟に対応して頂けるようです。
私は「絹ごしとうふ」を1ケース注文しましたが、販売店さんからの折り返し連絡の際に相談した所、うち3丁を「お料理向きとうふ」に変更して頂くことが出来ました。

ちなみに今回の注文は宅配ボックスで受け取りました。常温保存可能な豆腐なので、クール便である必要は無いわけですね。これは地味に有難かったです!

なお送料等の追加費用は発生しませんでした。(お住まいの地域によるとは思われます。)配達員さんと直接お会いしていないため、税込1,879円は同封されていた郵便振替で支払いました。

 -----------------------

今回注文した豆腐の一部は、親戚に「災害用の備蓄にどうぞ」と言って配る予定でいます。私の実家(関西)では、2018年夏の地震で電気・水道がしばらく止まってしまいました。そんな非常事態でも、貴重なたんぱく源として食べられるのが嬉しいですね。
賞味期限が近くなれば、何も起こらなかったことに感謝し美味しく頂こうと思います!

近年は異常気象や災害が相次いでいますよね。1丁あたりの値段ではさほど高いわけでは無いので、もしご興味のある方はお試し下さいね。

森永乳業 宅配ミルク|商品のご紹介|お料理向き 森永とうふ/森永絹ごしとうふ
森永乳業 森永のとうふ|森永とうふのヒミツ

※発売に至った経緯等については、発売前に一度記事にしています。宜しければそちらもご参照頂けますと幸いです↓
www.qaqqar.work